支払不能かの見極め

返済を考えて借りる - 期日のうっかり忘れにも注意

支払不能かの見極め

債務整理の最終手段として、自己破産があります。自己破産は借金があれば、誰でもできるということではありません。破産手続開始決定を裁判所から受けるためには破産原因がなければなりません。つまり、財政状況が極度に悪化していることをいいます。

 

個人の場合には支払不能が破産開始手続きの原因とされています。支払不能というのは、弁済能力がなくなったために、返す期限が到来した債務を一般的あるいは継続的に弁済することができないと認められる状態をさしています。自己破産と任意整理

 

端的に表現するならば、借金が増えすぎて、どうしようもない状態をいいます。

 

ここでの返済能力がなくなったというのは、債務者の信用や労力、技能によってもお金を調達することができないことをいいます。債務者に財産がなくても、技術や労力などの目に見えない資産によって弁済を続けることができれば、支払不能状態とはなりません。

 

また、債務者の信用によってお金を調達するといっても、借金を返済するために消費者金融などから、高利で借りてきて工面するというようなことは、当然のことながら、弁済能力があるとは認められません。

 

また、一時的に手元にお金がなく、支払ができないだけの場合は支払不能状態とは認められません。

 

つまり、債務者が生活を極度に切りつめて何とかやりくりしても、返済が難しいということが必要です。

サイトマップ